化物語蕩れ

主に趣味のことについて有益な情報を発信する(つもり)のブログ

時をかける少女 金曜ロードショー 感想

* 時をかける少女 感想

どーもゆーくんです(^ω^)



今日は細田守監督作品最新作の未来のミライ公開記念で二週連続で細田守監督作品放映ということで「時をかける少女」がやってましたねー



細田さんの作品は全部見てるわけじゃないですけど結構好きでこの作品も見てたので内容は覚えてたんですけど、
やっぱり面白かったですね(^^)



というか主人公の真琴がちょー可愛いですな
元気いっぱいな女の子はやはり良いものだ・・



この映画のざっくりしたストーリーはひょんなことからタイムリープ(時間を巻き戻す能力みたいなもの)を手に入れた主人公の女の子がその能力を使って調子に乗って遊び倒すんですが、実はタイムリープには回数制限みたいなものがあってある日タイムリープができなくなってしまい、しかもタイミングの悪いことにそこである事件が起こってしまい・・・みたいな感じなんですが



とりあえず真琴可愛いよ真琴
あと妹もすげー可愛いっす
真琴のプリンを食べちゃってそのせいで真琴が窓から飛び降りようとしてると誤解して止めようとするとことかたまらんですな(^ω^)



それはともかくキャラの可愛さももちろんそうですがこの作品の素晴らしいところはそこだけじゃなくストーリーも面白いし、キャラも魅力的で心情もわかりやすく感情移入しやすくて本当に素晴らしいと思います



あの学生同士の甘酸っぱい感じとかもたまらないですね

付き合う付き合わないみたいな話もそうですけどこの作品だからこその展開で告白されたのをタイムリープでなかったことにしちゃうところがあるんですけど、その後なんとなく顔を合わせづらくなったりするとことかも好きですね
向こうは告白したことさえ覚えてないのに意識しすぎちゃうみたいな
良いですよねー僕もこんな甘酸っぱい青春を過ごしてみたかった(遠い目)


でも誰にでもそういう意識しすぎて無駄にドキドキしちゃうとかそういう経験あると思うんですよね
特に男子なら誰しもそうだと思います

そういう気持ちを思い出させてくれるという意味でもやっぱり良い作品ですね



ストーリーも途中までのワイワイガヤガヤしてる感じから終盤にかけての怒涛の息もつかせぬ展開とかほんと凄いの一言ですね



その怒涛の流れからの最後のあの有名な千昭のセリフ
『未来で待ってる』からの真琴の『うん、すぐいく走っていく』みたいな流れで涙腺崩壊ですわな



改めて見返してみるとほんとに良い作品ですねー
見たことないって人には是非見てもらいたいですね
見たことある人にももっかいみてあの感動を味わっていただきたい‼︎



また来週放送のバケモノの子も忘れずにみたいなー



それでは今回はこの辺で
Time waits for no one!
このエントリーをはてなブックマークに追加