化物語蕩れ

主に趣味のことについて有益な情報を発信する(つもり)のブログ

筋トレ 手が痛くなる人へトレーニンググローブのススメ

 

筋トレ 手が痛くなる人へトレーニンググローブのススメ

 

 

どーもゆーくんです。

 

 

皆さんは筋トレしてる時に『手のひらが痛くなって集中できない!』とか『手が痛くて筋肉を追い込みきる前に中断しちゃう!』なんて事ありませんか?

今回はそんな人にグローブを着用してトレーニングすることをオススメしたいと思います。

 

 

グローブをつけることによるメリットなどを説明していこうと思いますのでお付き合いいただけると幸いです^ ^

 

 

 

 

 

 

・グローブをつけるメリット

 

まず最初に言っておきたいのがグローブなんて言ってますけども別にちゃんとしたトレーニンググローブをいきなり買ってくる必要はありません

 

最初は家にある軍手とかなければ100均とかで買ってきてもらって使ってみて貰えるといいかなと思います。

 

 

その上でさらにちゃんとしたトレーニンググローブが欲しいなと思ったら購入を検討したらいいと思いますし、いきなり買おうと思ってもどんなグローブがいいのかとかがわかりにくいと思いますので、まず軍手とかの適当なものでやってみて、その上でここが不便だなーとか思うところがあればそれを改善できるグローブをさがしてもらうようにすればいいと思うのでまずは手軽なところから始めてみましょう^ ^

 

 

前置きが長くなりましたがメリットについて説明していきましょう。

 

 

・手が痛くなりにくい

 

 

 

まず一番のメリットは手が痛くなりにくいというところです。

グローブ無しでトレーニングするのとグローブをつけてトレーニングするのではまさに雲泥の差がありますので何か特別な理由でもない限りはやはりトレーニングするときはグローブなどをつけることをオススメします。

 

 

・手汗などで滑りにくい

 

滑り止めがついてるグローブだと汗で滑ってダンベルなどを落としてしまうということが少なくなると思いますのでこれもメリットの一つだと思います。

特に重いダンベルなんかを足に落としてしまったりすると下手すると骨折につながることもあったりしますので、その危険を減らせるのも大きなメリットじゃないかなーと思いますね。

 

 

・グローブをつけることによるデメリット

 

 

 

これはまーそんなに大したことではないと個人的には思いますが、トレーニングをしているとやはり汗をかきますのでそれでグローブ内が蒸れて不快になるということが強いて言うならデメリットになります。

 

 

でもトレーニングしてれば少なからず汗はかきますしこの辺は仕方ないかな?と思います。

一応対策としては蒸れ防止の通気性のいいグローブを購入する事でこの辺は改善できるんじゃないかと思われます。

 

 

それでもデメリットに比べてメリットの方が多いと思いますのでこれからのトレーニングにトレーニンググローブを取り入れてみると快適にトレーニングできるんじゃないかなと思いますのでよければ試してみてください^ ^

 

 

 

 

それでは今回はこの辺で

ゆーくんでした。