化物語蕩れ

主に趣味のことについて有益な情報を発信する(つもり)のブログ

ペンギンハイウェイの劇場版は見る人を選ぶ作品かも?

 

 

 

どーもゆーくんです

 

 

 

今日公開の映画『ペンギンハイウェイ』見てきました。

 

 

さっそく見てきた感想としては好き嫌い分かれそうな映画だなーって感じでした。

 

 

ネタバレ含みますのでこれから見にいきたいと思ってる人はお気をつけください( ^ω^ )

 

 

 

 

・ペンギンハイウェイとは

 

この『ペンギンハイウェイ』は『四畳半神話体系』や『有頂天家族』などの作者である森見登美彦さんの書いた小説です。

2017年に映画化された『夜は短し歩けよ乙女』も森見登美彦さんの作品ですね。

基本的に森見登美彦さんの作品は京都を舞台にした作品が多いのですがこの作品は珍しく京都以外の場所が舞台の作品ですね。

 

 

 

・あらすじ

 

主人公のアオヤマくんが暮らす街にある日を境にペンギンが現れるようになり、その原因や目的などを調べていくうちにアオヤマくんが好意を抱いている歯科医のお姉さんがペンギンたちと深い関係があることがわかり、その謎を追っていくうちに街では不思議な出来事が起こり始め・・って感じのストーリーなんですが、かなりファンタジー要素の強い作品ですね。

 

 

 

・率直な感想

 

僕は原作小説を読んでいなかったのでこれがこの作品とのファーストコンタクトになるのですが、僕個人としてはとても楽しめました。

ストーリーも次に何が起こるのか予測できない展開が続きどんどんこの作品に引き込まれていく感覚でした。

そしてラストも少し切なくも綺麗に締めくくって終わったなーっていう感じです。

そして声優さんもみんな大好き釘宮理恵さんや能登麻美子さんが出演していてすばらしかったです。個人的には不安要素だった芸能人の方たちの演技も不自然さを感じるところもなくよかったです

とくにお姉さん役の蒼井優さんは最高でした。

<p

さばさばした感じでいてどこかいたずらっぽい感じのする声ですごくキャラとマッチしていると感じました。

もともとあんまり蒼井優さんは好きではなかったんですが、この作品を通してやっぱり女優さんだけあって演技力もすごいんだなーと思い知らされましたね。

 

 

 

 

ここからネタバレ含みますので注意!

 

 

 

 

ただちょっと引っかかってるのは結局歯科医のお姉さんは何者なのかはっきりしないまま終わってしまったことですね。

ペンギンたちと関係が深い存在であることは確かなんですが、結局人間ではなく何かファンタジーな感じの存在だったのかな?

 

 

この辺が人を選ぶというか好き嫌い分かれるんじゃないかなーと僕が思ったところなんですがきっちり全ての謎を解き明かして終わらないというのが人によっては評価を下げるポイントになるんじゃないかなと思います

 

僕は全体通して面白いストーリーだと思いましたしお姉さんの正体が完全に判明しないまま終わるのも含みを持たせるという意味ではアリなのかなと思いました。

 

 

・『ペンギンハイウェイ』は見るべき?

 

個人的にはすごく面白かったので是非オススメ!と言いたいところですが、前述したように万人受けする作品かどうかと問われるとうーん・・というところがありますね。

 

ただ森見登美彦さんのほかの作品を見たことがあってこの作品も見て見たいっていう人や

原作を読んだことがあってアニメ化したのも見てみたいって人なら見て損はないと思います。

 

逆に謎が残ったまま終わるのはモヤモヤする!とかファンタジー的なお話はちょっと・・みたいな人にはあまりオススメできないかもしれませんね(;_;)

 

 

 

 

 

・まとめ

 

なんだかんだいいましたが僕はすごく楽しめたし個人的にはかなりオススメなのでこの予告編で興味がわいたら是非映画館で見てみてください

またその感想やなんかをコメントに書いてくださるととてもうれしいです。

 

 

それではこのへんで

ゆーくんでした。


ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)


ペンギン・ハイウェイ 角川文庫 / 森見登美彦 モリミトミヒコ 【文庫】