化物語蕩れ

主に趣味のことについて有益な情報を発信する(つもり)のブログ

焼肉(牛肉)の部位について知ろう!

 

 

焼肉やステーキは好きですか?

 

 

僕は大好きです!

 

 

でも焼肉やステーキが好きな人でも自分が食べているのがどこの部位なのかちゃんとわかってる人は少ないと思います。

 

 

なので今回は牛の部位について説明していきたいと思います。

この記事を読んで次から焼肉に行ったときにはドヤ顔で友達、もしくは女の子に肉について熱く語ってやりましょう!

 

 

 

 

 

 

・肉の部位について

 

ãçèã®é¨ä½ã®ã¤ã©ã¹ããããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

・タン

これは知ってる方も多いですよね。牛の舌ですね。

薄くスライスされて塩タンなどで提供されることが多い部位です。

牛一頭から取れる量はあまり多くないので安い焼肉食べ放題なんかだと注文できないこともしばしばありますね。

 

 

 

・ネック

首の部分の肉になります。

これは名前通りなのでわかりやすいですね。

ただあんまり食べる機会はないかもしれませんね。

高級な焼肉店だとか個人経営の小さいお店だとお目にかかれるかも?

 

 

・肩ロース

一般的にロースというと背中側の肉のことですが、肩ロースは特に肩のあたりのロース肉になります

これも焼肉で使われることもありますがすき焼きなどでも使われることが多い部位になります。

 

 

・肩肉

腕の肉を総称して肩肉と言います。

細かく分けるとザブトンだとか、ミスジサンカクトウガラシなどに分けることができますが、あまり目にする機会がないと思いますし、僕自身食べたことがないので今回は省略しますm(_ _)m

 

・肩バラ

こちらは一般的なバラとは別でブリスケットとも呼ばれる部位です。

バラとは違い少し硬い肉になりますのでやはり普通のバラのほうが人気な印象です。

 

 

・スネ

こちらはスネの部分の肉で焼肉やステーキではあまり使われない肉です。

脂肪がほとんどなく筋張っていて硬いので煮込み料理や出汁を取るのに使われる部位になります。

 

 

・リブロース

こちらはステーキでよく使われる部位です。

サシ(脂肪のこと)が入りやすく柔らかい食感なのでとても人気の部位ですね。ステーキ屋さんなどで目にする機会も多い部位かと思います。

 

 

・バラ

焼肉に行けばまず間違いなく食べることになるであろう部位の1つですねカルビとも呼ばれます。

アバラの周りの肉のことでサシも入りやすく味も濃厚で柔らかいので大人気の部位ですね。

 

 

・サーロイン

こちらもステーキでよく使われる部位です。

リブロースからモモに続く部分の肉で霜降り状の脂が入りやすくとても美味しい部位です。

ただしその分高価でもありますね。

 

 

・ヒレ

脊椎内側の筋肉部分の肉です

一頭から取れる量がとても少ないのでサーロインなどと同じく高級部位になります。

筋肉の部分なので脂肪はほとんど含まれずあっさりした味の肉になります。

これもステーキなどに使われることが多いです。

 

 

・ランプ

腰からお尻あたりのお肉です

赤身肉の中でもかなり稀少な部位なのであまり見かけることはないかもしれませんが、柔らかくて美味しい部位になります。

 

 

・内モモ

内腿の部分の肉になります。

あまりステーキや焼肉では使われない部位ですね。

赤身肉で柔らかくローストビーフなどで使われます。

目にする機会はそんなにない部位かと思われます。

ちなみにシンタマは内ももの一部になります。

 

 

・外モモ

モモの外側の赤身肉で内腿の肉と比べると少し硬めでシチューなどの煮込み料理に使われることが多いです。

 

・まとめ 

いろんな部位の肉を説明してきましたがいかがだったでしょうか?

 

 

知ってるものもあれば知らないものもあったかもしれませんが、どの部位の肉かわかっていればダイエット中やあまり脂肪を増やしたくない時は赤身のにくを選ぶなんてこともできるようになりますので知ってて損はない知識かと思います。

 

 

また機会があればホルモンの種類も紹介したいと思いますのでお楽しみに!

 

 

それではこのへんで

ゆーくんでした。