化物語蕩れ

主に趣味のことについて有益な情報を発信する(つもり)のブログ

ノートン製品の自動更新を解約・返金要求する方法

 

 

 

 

 

どーもゆーくんです

 

 

 

今回はタイトル通りですがノートンのウィルスバスターの解約・返金要求の方法について書いていきます。

 

 

購入時のメールアドレスや注文者番号が分かっている場合はいいんですが、それらを忘れてしまっている場合の対処法について説明します。

 

 

前置きが長くなりますので解約方法をすぐ知りたい方は目次で解約・返金要求をする方法まで飛ばして読むのをオススメします。

 

 

手続きはかなり簡単で数分で済みますので使ってないノートン製品での請求がきて困っている人は泣き寝入りせず試してみましょう。

 

 

 

 

 

 

・ノートン製品の自動更新について

パソコンを使ってるなら一度は聞いたことがあるであろうウィルスバスターの会社『Norton』

実際にこのウィルスバスターを使ってる人も少なくないと思います。

 

 

実際僕も何も考えず「有名な会社だから大丈夫だろう」とパソコンに入れて使ってたんですが、そのパソコンを使わなくなってからもノートンから使用料を引き落とされていることにある時気づいたんですね。

 

 

 

もともとそのパソコンは僕が高校の時に購入したもので買ったのは今から10年近く前にもなるわけですが、購入した理由がiTunesを使ってiPodに曲を入れるためだけだったし、そんなにパソコンに詳しいわけでもなかったので(今でもそんなに詳しくないが)入れておいた方が良いのかなーぐらいの感覚でノートンのウィルスバスターを店員さんに入れてもらいました。

 

 

それから数年間そのパソコンを使い続けていて社会人になってもしばらく使っていたんですが、数年前に壊れて使えなくなってしまったんですね

 

 

ケータイで調べてみると修理にも結構な額がかかるみたいでそれならいっそのこと新しいパソコンを買おうと思い、今のパソコンに買い換えたんですがその一年後なぜか前のパソコンで使っていたノートンのウィルスバスターの料金が請求されていたんですね。

 

 

それで初めてノートンのウィルスバスターについて調べてみたんですが、どうやらこの商品はデフォルトで一年ごとに契約を自動更新するようになっているということでした。

 

 

つまり今回の僕のようにパソコンが壊れてしまい使えなくなったとしても自動契約更新をしない設定にしていなかった場合毎年使ってもない製品の利用請求がくるようになっているというわけです。

 

 

でもこんなのだいたいの利用者の方が知らないと思いますしデフォルトでこの設定になっているのは何か悪意さえ感じますね。

 

 

 

実際僕と同じような体験をしている人が結構いるみたいでノートンに対する悪評もこの解決策を探している間にかなり目にしました。

 

 

 

なのでそんな人たちの力になれればいいなと思い今回の記事を書くことにしました。

もし使っていないパソコンのウィルスバスターで請求がきて困っている人はこの記事を参考に解約手続きをしてしまいましょう。

 

 

さて前置きが長くなりましたがいよいよ本題の解約方法に入ります。

 

 

 

解約・返金要求をする方法

 

それでは本題です。

購入時のメールアドレスや注文者番号がわかる方はノートンのサイトにアクセスしてメールアドレスと注文者番号を入力し、案内に沿って手続きをすればいいのですが、それらを忘れてしまっている場合は同じくノートンのお客様サポートにアクセスしてもらい、24時間チャットサポートというところをクリックしましょう。

 

 

f:id:yu-kun777:20181025195341p:plain

 

 

するとこんなページに飛びますので必要なところを記入していき、【個人情報の利用目的に同意して続ける】をクリックしましょう。

 

f:id:yu-kun777:20181025195349p:plain

 

 

あとは案内に沿ってチャットで自分の要求を担当者に伝えましょう。

リアルタイムでチャットで受け答えしてくれるはずです。

 

 

一応今回僕がチャットで送った文章を書きますので参考にしてもらえるといいかなと思います。

 

 

「壊れて使えなくなったパソコンの利用請求が届いていたので解約と返金をお願いしたいです。

ただ購入時の購入番号などを忘れてしまっているのですが大丈夫でしょうか。」

 

 

 

こんな感じの文章を送信してもらうとあとは担当者の方が案内してくれるのでその指示に従ってもらえるといいと思います。

 

 

ちなみに返金をしてもらえるのは請求がきてから60日以内ということでしたので、出来るだけ早めに対応することをオススメします。

 

 

 

・まとめ

今回はノートンの解約・返金方法について紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

お役に立てたなら幸いです。

 

 

これからノートンの製品を使用するときは自動更新を最初にオフにしておくことを強くオススメします。

 

 

僕の場合対応がめんどくさくて2年ほど放置していて今回やっと対応した形になりましたが、今考えるとすごくもったいない出費だったなーと思います。

なのでもし今後ノートン製品を使うことがあれば必ず最初に自動更新のオフを忘れずに行います。

 

 

大事なことなので何回も言いますが皆さんもノートン製品のトラブルを避けるために自動更新のオフは忘れずに!!

 

 

 

それではこのへんで

ゆーくんでした。