化物語蕩れ

主に趣味のことについて有益な情報を発信する(つもり)のブログ

大腿四頭筋を鍛える!シシースクワットの正しいやり方とフォームについて

 

 

 

 

シシースクワットとは

 f:id:yu-kun777:20181029160534j:plain

 

どーもゆーくんです

 

 

 

今回は大腿四頭筋(太ももの前側)を鍛えることのできる種目である【シシースクワット】を紹介したいと思います。

 

 

普通のスクワットなら知らない人はほとんどいないと思いますが、このシシースクワットはあまり聞いたことがない人も多いと思います。

 

 

しかし普通のスクワットでは足の筋肉全体を満遍なく鍛えれるのに対し、この種目では大腿四頭筋を重点的に鍛えることができるので、自重トレーニングで特に大腿四頭筋を鍛えたいと思っている方にはオススメの種目になります。

 

 

男性ならたくましい太ももを、女性なら程よく引き締まった太ももを作るのに適したトレーニングですのでぜひこの記事を読んでトライしてもらいたいですね。

 

 

 

ではさっそく参りましょう!

 

 

 

 

 

・シシースクワットで鍛えられる筋肉

この種目で特に鍛えることができるのは大腿四頭筋という筋肉になります。

 

 

大腿四頭筋とは太ももの前側の筋肉で大腿直筋・内側広筋・外側広筋・中間広筋の4つの筋肉からなる筋肉です。

4つの筋肉からなる筋肉なので『四頭筋』というわけですね。

 

 

そしてこの筋肉を鍛えることで冒頭でもお話ししたように男性ならたくましい太ももを、女性なら程よく引き締まった美しい太ももを手にれることができる種目なので男女問わずオススメです。

 

 

 

そしてこの筋肉は歩く時や走る時などによく使われる部位なので、運動不足の方はもちろんスポーツで走ることの多い人にもパフォーマンスアップの効果が期待できます。

 

 

さらに大腿四頭筋は人間の体の中でかなり大きい筋肉になります。

そして筋肉というのは常にエネルギーを消費します。

そしてその消費するエネルギーはその筋肉が大きければ大きいほど多くなります。

 

 

ということは鍛えれば鍛えるほど消費エネルギーが多くなり太りにくい体になっていくというわけですね。

これはダイエット目的の女性なら特にうれしい効果ではないでしょうか?

 

 

このように大腿四頭筋を鍛えることで見た目はもちろん日常生活やスポーツなどにも効果があり、太りにくい体にもなるという一石三鳥のトレーニングと言えるでしょう。

 

 

ただしそんなメリットだらけのトレーニングでも正しいフォームで行わなければ効果が半減するだけでなく、ケガにもつながる危険性があります。

 

 

 

なのでここからはシシースクワットの正しいフォーム・やり方について説明していきましょう!

 

 

・シシースクワットの正しいフォーム

ではフォームについて説明していきますね。

まず横に手すりのようなもの(掴めて安定しているものなら何でも大丈夫です)があるところで肩幅程度に脚を広げ膝を45度ぐらいに曲げます。

そこから手すりを掴んだまま膝を前に突き出していき床に膝がつくかどうかのところまで下ろしていく。

この時腰は曲げずに膝から頭まで一直線になるように体をキープする。

そこから最初の状態まで戻していくところまでがワンセットです。

 

 

文章ではわかりづらいと思いますのでこちらの動画も参考にしてみてください。

とてもわかりやすいかと思います。

 

 

 

 

 

・まとめ

それでは最後にシシースクワットについてまとめていきます。

  • 大腿四頭筋を鍛えることができる種目
  • トレーニングすることによって日常生活にもスポーツにもメリットがある
  • 筋量が増えることで太りにくい体になる

 

 

こんなところでしょうか?

自宅でもできる種目なので気軽に行なえるのもこの種目のいいところですね。

 

ただひとつだけ注意しておきたいのがこの種目では膝に負担がかかりやすくなっていますのでトレーニング中に痛みや違和感を感じたりしたらあまり無理をしないようにしましょう。

健康な体づくりをするためにトレーニングしているのにそのトレーニングでケガをしていたんでは本末転倒ですからね。

 

 

ただケガにさえ気をつければ素晴らしいトレーニングであることに違いはないのでケガにだけは気をつけて取り組んでいきましょう!

 

 

それではこのへんで

ゆーくんでした